読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アマゾン松田のブログ

アマゾン松田、木斛、二律背反などの活動。私個人が感じたことを気が向いたら書いていこうと思っています。

cowbellsを四国から呼んだ理由

10月が終わろうとしています。10月は金もないのに、PS4が欲しくて欲しくてたまらなくなり、クレッジトカードで購入したりアホなことしたなと思います。沖縄はまだまだ暑く半袖半ズボンで過ごせますが、店内に入ると強すぎる冷房にやられてしまいます。なんか羽織ったほうがいいです。

 

話は変わりまして、10/9のイベントにお越し頂いた皆様、告知に協力してくれた方、THC、cowbells、life and 13floor、K-汰君、本当にありがとうございます。いたらないところが沢山ありましたが、反省し次に繋げたいと思います。10/9のイベントは、個人的に久々の企画だったので、お客さん本当に来るかな......ちゃんと演奏できるかな...井川さんちゃんと沖縄に来てくれるかな...など沢山の不安がありました。しかし、そんな不安はイベントが始まればお客さんが徐々に集まってきてその人達の顔をみると安心できたり、演奏を観ていると不安は楽しさに変化しました。友達って良いな。仲間って良いな。って感動してました。1年ぶりに観たcowbellsは最高に楽しかったです。アンコールの最後の曲でしゅんさん(life and 13floor)がcowbellsの演奏に合わせて楽しいラップをしてくれたりと最後まで楽しめました。打ち上げでなぜか峰ピーとふーちゃんの彼女が一緒にシャボン玉を歌ったのは忘れません。

 

以前からブログでこのイベントの事を告知をさせてもらっていたのですが、その文章の最後にcowbellsをなぜ呼んだのかをブログに書くと宣言していたので、それを本日はつらつらと、なるべく短い文章で書いていきます。

 

結論から言いますと、cowbellsの音楽が凄く好きだったからです。

最初は存在すら知らなかったのですが、3.4年前に桜坂で開催された1人アサイラムってイベントに、私とcowbellsの峰ピーが参加していて、峰ピーが私の事を褒めてくれたのがきっかけで、知り合いました。峰ピーとの会話が楽しかった事もあり、彼の演奏に興味を持ちました。実際、峰ピーのソロの演奏を観て、とてもカッコ良かったのでcowbellsはどんなんだろう?と思いyoutubeで調べたら超カッコ良かったのでびっくりしました。なので、その翌年に私がAMZONMATSUDA epをリリースした時に、リリースパーティにcowbellsを呼び演奏してもらいました。後は毎年行っている四国のツアー(今年は行けてない...)で一緒に演奏してくれたり、峰ピーの家や井川さんのおじいちゃんのお家に泊まらせてもらったり、ブッキングしてもらったりと毎回サポートしてくれて、私を助けてくれました。井川さんのおじいちゃんのお家に泊まってお風呂に入った後、お風呂の水を出しっぱなしにして、演奏先に移動しておじいちゃんのお家を水浸しいしたのが懐かしいです。

 

そんなcowbellsが新しい音源をリリースするんだったら絶対沖縄でも演奏して欲しい!てか、やらないって選択肢はないだろう!と思い峰ピーに連絡して、10/9のイベントをやろうっていうふうになりました。

 

実際にcowbellsを呼んで演奏をしてもらって良かったと思います。来年は私と二律背反で四国に行き演奏したいなと思ったり、またcowbellsに来てもらって一緒に演奏したいと思っています。相手も同じように考えてくれてたら最高だなと妄想。そう思ってもらえるように音楽もっと頑張ろうって気になってます。

 

次は!次こそは!ってのを永遠と思えるように生きていきたいです。

日々精進。